乾燥敏感肌の化粧下地の選び方

私は生まれつき肌がとても弱いです。今の肌質は乾燥敏感肌でバリア機能も低下しているため、化粧下地を選ぶ際は紫外線カットは勿論のこと、シルキーカバーなどなど肌に優しい化粧下地の選び方に気をつけています。

肌が弱い分、肌に合わない化粧下地を塗った際はすぐに肌に痒みや赤みなどの症状がでます。アルコール成分が強いものは、メイクを落とした後に赤く炎症をおこしてしまうので、シルキーカバーのようにできるだけノンアルコールの化粧下地を選んでいます。アルコール成分の入ったものでも肌に合いそうな商品もありましたが、あまり積極的には使えません。

BBクリームも以前よく使用していました。美容液効果や日焼け止め効果、カバー力、全ての効果が備わっているので、肌の赤み等一気に隠せるところが魅力的でした。しかし最近肌の欠点を隠すことよりも、肌本来の状態を健やかに保っていたく、できるだけ素肌のような状態でいられることを目指したくなりました。肌の状態がわかるように、色がついていないものを敢えて選んでいます。白いものは白浮きしやすいので、選ぶ際はのびやすさも大事なポイントです。

肌の欠点を隠す化粧下地を選んでいた以前から、肌状態がより敏感になっている今現在は肌に優しく、肌を健やかに守ってくれるスキンケア効果の高い化粧下地を選ぶようになりましたよ。肌と向き合うことにより、自分の肌の状態が以前より把握できるようになってきたようです。